2018年お菓子教室上級コース

夏みかんコンフィ-1回目

 

~2018,4/8(日)~

 

 

(1)夏みかんを半割りにして果汁を絞り果肉の房を取り除く

 

 

皮の白棉は取らない。

 

 

大きな鍋に夏みかん皮とたっぷりの水を入れ火にかける

 

 

強火沸騰してきたら木べらで夏みかん皮が浮いて来ない

 

 

ように沈めながら煮込み沸騰してから30~40分煮る

 

 

15分くらいで夏みかんが水分を吸って浮かなくなってくる

 

 

それでも絶えずひっくり返すようにして均一に煮る

 

 

竹串を刺してすっーと入るようになったら火から下ろして

 

 

夏みかんをボールに移す

 

 

*注意*夏みかんは必ず水から煮る

 

 

*注意*夏みかんは必ず竹串がすーと通るまで煮る

 

 

この時点で夏みかんが硬いと糖度が上がるに

 

 

つれシロップが重くなるので浸透しなくなる

 

 

(2)夏みかんを煮ていた鍋にボーメ20度のシロップを

 

 

作る水1kgに対してグラニュー糖500g

 

 

夏みかんの量によって作る

 

 

水8kg : グラニュー糖4kg

 

 

水とグラニュー糖を混ぜながら沸騰させる

 

 

シロップが40度位にさめたら湯がいた夏みかんを

 

 

 鍋に入れ押蓋をして完全に冷めたら鍋の蓋をして

 

 

2~3日漬け込む

お菓子教室上級コース

『チョコレートのフュタージュ』成形

 

*前日に折り込みを終えた生地を6当分にして3mm厚に

 

のしてバットにラップをし一枚づつラップで密閉して

 

冷凍庫にいれる

 

*生徒さんは8当分にする*

IMG_8569

 

フュタージュ断面バターと粉の層

 

IMG_8573

IMG_8574

夏みかんコンフィ仕上げ 6/15(木) 25日目

夏みかんをブリックス72.3度のシロップから取り出し

 

ブリックス20度(グラニュー糖500g:水1,000g)のシロップを

 

新たに作り

 

沸騰させて粗熱が取れたら20度のシロップで夏みかんを洗い

 

72.3度のシロップを落とす(これをやっておかないと後で

 

高い糖度のシロップが結晶化して夏みかんコンフィを硬く

 

してしまう)

 

バットに網をのせ洗った夏みかんを広げて乗せて

 

180度に温めておいたオーブンをOFFにしてバットごと

 

入れて10分間乾かす

 

オーブンからだして完全に冷めたらタッパーに入れて

 

冷蔵保存する(ジプロックに入れて冷凍保存も可能)

 

*夏みかんを漬けていた糖度72.3度のシロップはシロップに

 

夏みかんの香りがしっかり移っています

 

お料理にみりんの代わりに使うとほんのり夏みかん香る

 

煮物などアレンジに使えます

 

勿論お菓子にも紅茶にも使えます

 

IMG_8488

IMG_8489

IMG_8490

IMG_8492

IMG_8501

IMG_8487

夏みかんコンフィ7回目 6/13(火) 23日目

夏みかんを取り出しシロップの総重量を計る

 

シロップ8,000gの5%のグラニュー糖400gを加えて

 

沸騰させる

 

ボーメ39度 ブリックス72.3度

 

粗熱が取れたら夏みかんを戻し押し蓋をして完全の冷めたら

 

蓋をして2日漬け込むこれで終了となり次回は仕上げをします

IMG_8461

IMG_8462

IMG_8071

夏みかんコンフィ6回目 6/10(土) 20日目

夏みかんを取り出しシロップの総重量を計る

 

シロップ9,400gの10%のグラニュー糖940gを加えて

 

沸騰させる

 

ボーメ36度  ブリックス67,8度

 

粗熱がとれたら夏みかんを戻し押し蓋をし完全に冷めたら

 

蓋をして3日漬け込む

IMG_8447

IMG_8071