ガレット・デ・ロワについて

初市〜3日までのガレット・デ・ロワの販売のなかで

 

『カットはないの』と言われたことがこんなに多いとは

 

思いませんでした。

 

理由はひとりだから家族二人だから食べきれないと言う事

 

ですが、カット売り(してる店もありますが)それでは本来の

 

ガレット・デ・ロワの意味がなくってしまい作る意味も

 

なくなってしまいます。

 

あえてここにその意味を書きません意味を知らずに食べる

 

事自体おかしいと思っています

 

そしてただの流行りにしてしまう事がとても残念です

 

僕は1990年からガレット・デ・ロワを作っています

 

当時ガレット・デ・ロワを知ってるのは無いに等しかったです

 

キリスト教の由来をちゃんと説明して販売していました

 

僕はフランス菓子としてキリスト教の催事としての

 

ガレット・デ・ロワをつくっています。



1月3日

本日もガレット・デ・ロワ販売してます



1月2日

本日もOpenしてます

 

ガレット・デ・ロワもあります

 



2018年1月1日

*初市開催~ 朝8:00~16:00 Open

 

*ガレット・デ・ロワ~ アマンドゥ

 

*ガレット・デ・ロワ ~胡桃

 

*ガレット・デ・ロワ~ ピスタチオ

 

*アーモンドタルト

 

*林檎のタルト

 

*英国風アップルパイ

 

*コーヒーパウンドケーキ

 

*お正月詰め合わセット

 

〜ジャンドゥーヤカカオ 2個

 

〜黒ケイク 1個

 

〜マドレーヌ・ノワ(胡桃) 2個

 

〜バターココナッツ 2個

 

〜ヴィジタンディーヌ 2個

 

〜アルディショワ(フランス栗) 2個

 

〜カレ・アルザシエンヌ(アルザスの伝統菓子) 2個

 

〜ミルリトン 1個 



お知らせ

オーブンが使えなくなりました。

 

オーブンを含め何箇所かの電気が飛んでいてつかなくなってし

 

まいました

 

ご予約等のお客様は個別にご連絡いたします。

 

今年は体調不良により1年の殆ど仕事ができませんでした

 

色々とご迷惑おかけして申し訳ありません