1/6(土),7(日),8(月祭日)のお菓子

*苺とピスタチオのミゼラブル

 

ミゼラブル生地にイラン産スーパーピスタチオ(1kg¥10,000)

 

をたっぷり合わせて焼き上げシシリー産ピスタチオ

 

(1kg¥20,000)を加えたクロテットバニラクリームと

 

たっぷりの苺をサンド

 

ホール(予約可)とカットでます

 

*苺パイ

 

*林檎のタルト

 

*瀬戸内レモンのタルト

 

*焼き菓子

 

*今年は栃木の女峰が入荷しませんのでその都度良い苺を

 

選んで使います

 

女峰が無いので『いちご水』作れません

 

いちご水の漬けた実の方でソルベを作っていたのでそれも

 

でき無いため『苺とピスタチオのデザートサロン』は今年は

 

開催しません

 

*サロン ド テ(開催日は後日発表します)

 

グラスピスタチオと木苺ジャムのラングドシャと紅茶

 

鎌倉に学校を作るプロジェクト新シリーズコラム更新しました

『Recettes de Cafe~カフェのレシピ ① カフェを作る』

 

上のコラムで読めます

 



ガレット・デ・ロワについて

初市〜3日までのガレット・デ・ロワの販売のなかで

 

『カットはないの』と言われたことがこんなに多いとは

 

思いませんでした。

 

理由はひとりだから家族二人だから食べきれないと言う事

 

ですが、カット売り(してる店もありますが)それでは本来の

 

ガレット・デ・ロワの意味がなくってしまい作る意味も

 

なくなってしまいます。

 

あえてここにその意味を書きません意味を知らずに食べる

 

事自体おかしいと思っています

 

そしてただの流行りにしてしまう事がとても残念です

 

僕は1990年からガレット・デ・ロワを作っています

 

当時ガレット・デ・ロワを知ってるのは無いに等しかったです

 

キリスト教の由来をちゃんと説明して販売していました

 

僕はフランス菓子としてキリスト教の催事としての

 

ガレット・デ・ロワをつくっています。



1月3日

本日もガレット・デ・ロワ販売してます



1月2日

本日もOpenしてます

 

ガレット・デ・ロワもあります

 



2018年1月1日

*初市開催~ 朝8:00~16:00 Open

 

*ガレット・デ・ロワ~ アマンドゥ

 

*ガレット・デ・ロワ ~胡桃

 

*ガレット・デ・ロワ~ ピスタチオ

 

*アーモンドタルト

 

*林檎のタルト

 

*英国風アップルパイ

 

*コーヒーパウンドケーキ

 

*お正月詰め合わセット

 

〜ジャンドゥーヤカカオ 2個

 

〜黒ケイク 1個

 

〜マドレーヌ・ノワ(胡桃) 2個

 

〜バターココナッツ 2個

 

〜ヴィジタンディーヌ 2個

 

〜アルディショワ(フランス栗) 2個

 

〜カレ・アルザシエンヌ(アルザスの伝統菓子) 2個

 

〜ミルリトン 1個