Pâté do Reine-claude(パテ ド レーヌクロード)

中力粉と砂糖とバターとたまごのシンプルな生地は

 

アンジェのレシピをそのまま使いました

 

3mmに伸した生地に砂糖を降ってレーヌクロードを乗せ

 

砂糖をかけてもう一枚生地をかぶせて真ん中に穴を開けて

 

180度のオーブンで50分焼きます

 

焼いてる時に煮詰まってきた果汁が出てくるので

 

この果汁を刷毛で生地にぬりながら焼き上げます

IMG_0459

IMG_0431 IMG_0429 IMG_0424



Pâté aux prunes

Pâté do Reine-claude(パテ ド レーヌクロード)

 

フランス西部ロワール地方アンジェここの特産品

 

レーヌクロードを使ったものをPâté do Reine-claudeと

 

よびそれ以外のプラムを使う時はPâté aux prunesに

 

なります

 

フランスでもアンジェに行かないと食べれない貴重な

 

お菓子です

 

 日本でもレーヌクロードを入手するのが難し品種を

 

今年やっと長野の竹内果樹園さんからわけていただきました

 

このお菓子本当に食べるチャンスないんです

 

サロンドテは中止いたします

 

4号(12cm)ホールのみの販売にします ¥4,000

 

あと2台です

 

こういうお菓子って日本では人気ないんですよね

 

予約があっという間に埋まらないのでわかります

 

こんなお菓子滅多に食べれないのにね!

 

レーヌクロードを作ってくれた竹内さんに心から感謝の

 

気持ちでいっぱいです

 

だってこんな素敵な伝統菓子を初めて作ることができるの

 

ですからこんな明け方までPâté do Reine-claudeの

 

ことを考えてわくわくしてどうしよもなく興奮して

 

眠れないんですから

 

写真は文献資料を転用させてもらっています

 

IMG_0362

 

 



伝統菓子賞味会

*長野の竹内果樹園さんからプルーン二種が届きました

 

最初のプルーンアーリーリバーはタルトとジャムに

 

今回初のReine Claud(レーヌ クロード種写真上)

 

16世紀フランス国王フランソワ1世の王妃にちなんで

 

なずけられたスモモ(レーヌ=王妃 クロード王妃)

 

このレーヌ クロードを使ったフランス・ロワール地方の

 

Anjouの伝統菓子

 

『Pâté aux prunesパテ・オ・プリュヌ』を作ります

 

パータフォンセ生地にレーヌ クロードと砂糖のシンプルな

 

お菓子ですがめっちゃ美味しいです(検索で出てきますので

 

見てくださいレーヌ クロード中々食べれませんよ)

 

バニラがたっぷりのアイスクリームと紅茶のサロン・ド・テ

 

2kgしか入荷がないので限定4名様となります

 

8/24(木) 19:30~または20:30~を指定できます

 

受付は1名様より

 

予約受付8/22(火)〜8/23(水)22:00まで

 

メールにてフルネーム、時間、人数を書いてお申し込み

 

ください。

 

*ホールでのテイクアウト4号サイズ4台のみ受け付けます

 

予約受付8/20(日)~8/21(月)22:00まで

 

*もう一種『トレジディ種』は極甘口の貴腐ワイン

 

ソーテルヌと合わせてジャムになります。

 

IMG_0337

IMG_0341



本日の生菓子

*桃のクリームタルト

IMG_0330 IMG_0328



8/19(土)

本日のお菓子

 

*桃のクリームタルト

 

アーモンドクリームに桃を入れて焼き上げたタルトに

 

パテシエールと桃を乗せて生クリームで覆ったタルト

 

*焼き菓子

 

*黒ケイク *ジャム *アイスバー

 

Open 13:00~17:00

 

*水曜日に右手を怪我してお菓子の生菓子は少なめですが

 

お待ちしております

 

本日で2018年度のお菓子倶楽部及びお菓子教室の募集は

 

締め切ります。

 

*セシルの桃パフェ

 

構成下から

 

木苺ジュレ

 

バニラアイス

 

フレッシュ桃と木苺ジュレ

 

桃のババロア

 

フレッシュ桃

 

桃のソルベ

 

IMG_0118 IMG_0116