ガレット・デ・ロワについて

初市〜3日までのガレット・デ・ロワの販売のなかで

 

『カットはないの』と言われたことがこんなに多いとは

 

思いませんでした。

 

理由はひとりだから家族二人だから食べきれないと言う事

 

ですが、カット売り(してる店もありますが)それでは本来の

 

ガレット・デ・ロワの意味がなくってしまい作る意味も

 

なくなってしまいます。

 

あえてここにその意味を書きません意味を知らずに食べる

 

事自体おかしいと思っています

 

そしてただの流行りにしてしまう事がとても残念です

 

僕は1990年からガレット・デ・ロワを作っています

 

当時ガレット・デ・ロワを知ってるのは無いに等しかったです

 

キリスト教の由来をちゃんと説明して販売していました

 

僕はフランス菓子としてキリスト教の催事としての

 

ガレット・デ・ロワをつくっています。